スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どいつもこいつもダメな子がお好みなようで 

所謂一つのダメンズ担ということだろうか
そして今日のその時です(もえ的な意味で)

「次に狙われるのは信雄でありましょう、叔父上兄者を見守ってくれ。」

吃驚して三度見くらい見直した程にもえた
どうした信孝?!
死ぬ前に信雄を恨むどころか心配する信孝に全兄弟担(←)がもえたもえた
しかも 美 丈 夫 ですよねwww
これは、いい信孝だ…はぁはぁ
最初は信雄って言ってるのに次は兄ってそこんとこももえる(細かい拘り)
以後はこの信孝進行でいきたいと思います
信雄はといえば、もう触れるのが嫌なくらい駄目雄なんですが…
アンチ信雄スレが立つくらいどうしようもないよ←


ダミーポッター(意味はありません)
魔法は使えない、と思う…うん…


なんだっけなんかのワックスのCMで
たぶん「ボブ用ワックス」って言ってると思うんだけど何度聞いても
「五奉行ワックス」にしか聞こえないんだよね
そりゃ耳から突然血も出てくるわ



さて、準備するか…

スポンサーサイト

一に武田、二に上杉、三に島津、あとは芥溜め 

芥溜め上等!!

武田一に対して織田が十でも武田が勝ったって
どんだけ強いんだ武田www
なんか織田は素早いだけで取り得ないみたいなね


家康直政本読みました
ネタとしてはとても面白かったです(マテ)
大御所様による衆道否定から始まる物語
そこまで徹底的に否定しなくてもw

主従揃って武田リスペクトていうかやっさんを好きすぎる件

二度目にやっさんを見た直政

直政は赤一色の軍団を率いていた武将の顔を思い浮かべた。
「山県昌景殿…」
三方ヶ原の時に優しい言葉を掛けられたことまで思い出した。
直政の中に憧れにも似た昌景への思いが兆していた。

恋する狂犬ですね^^
万千代の初恋はやっさんだったとw←

やっさんどんだけ惚れさせれば気が済むのか…
本人無自覚だから始末に終えません\(^o^)/
あの姐さんの唯一の悩みの種ですものね
そんな姐さんがまさかの登場しかも台詞ありだよ
そしてその奮戦ぶりに直政が吃驚しておりますw
そりゃ奮戦するわな(やっさん的な意味で←)

何度注意されても突撃大好き止められない止まらないで
木俣さんの胃はいくつあっても足りないよ(ノД`)
アンディが先輩として注意に来るんだけれど
アンディというとどうしても命懸けの夜這い大作戦しか思い出せないwww

そいえばお父さんも出てきた
昌輝も名前だけ出てきた、勿論お兄ちゃんと一緒ですw
「井伊殿また会おう」とかって爽やかに去っていったよお父さん
お父さん⇔爽やか 想像できませんw
だってS田さんちの爽やかさ担当はお兄ちゃん
お父さんは堂々と伏兵と隠し部屋担当←←←

話が逸れたわけで



無双の社長関ヶ原
やっさんがやっすんにより敗走…(゚Д゚ )
てゆか連合軍強すぎょぉぇ…

直江兼続VS武田信玄

兼続「あなたを倒さなければ謙信公には近づけない!!」
信玄「…アレには近づかんほうがいいよ」←www

おもしろいこと言うな社長!!!!
てか何気に「甲斐の王子様を守れ」ステージですねw



カウントダウンあと二日

美男子と書いてイケメンと読む 

愛しの焔、新刊出てた!
まさかの義昭&藤孝さん登場でどうなるものかと思ってたら

ま さ か の 義 輝 様 登 場 w

ヴィジュアルがツボすぎである(*´д`*)ハァハァ
よし、今後義輝様はこれでいこう←
義昭は結局とても義昭でした(義昭的な意味で)
ほんと父上よく相手してたよね…
信様には相変わらずハァハァします
てゆかこれも本能寺信様なのだろうか、、、っぽいよね
それにしても朝倉の扱いwww
社長と勝頼は普通にかっこよかった


家康と直政早速買ってきたヽ(´ー`)ノ
パラ見したけどなんかただのバカ主従的な匂いがプンプンすんですがw
大御所様に注意されて頬を膨らませる直政…
なんだ何を狙っているんだどういうキャラ設定なんだ((((;゚Д゚)))


信忠と松姫の本読んで改めて、この二人ものっそ切ないですよね
文の遣り取りくらいだし…でも相思相愛(だよね…!)
所謂一つの遠距離恋愛的な、一途に信じてる松姫がいじらしいよ(ノД`)
やっとこさ信様のお許しも出て備中陣の巡察終わったら晴れて結婚て時に
「ここで今日のその時です」 みたいな…orz
そんなその時は要らないよバカバカ!!
二条城の信忠は泣いた
解説通り戦国版・世界の中心で愛を叫ぶである


今日の収穫は利休本
物見したら忠興の話があったんですよ
もうほんと大変ですよこれ僅か数ページの中に求めるもえが凝縮されている
父上とお茶する忠興
父上に「バカ息子」ってダメ出しされとるwww
なんていうかこの親子の会話は全てもえるんです

そして鬼蛇ではなく采配的な夫婦が…
指と指を絡ませて戯れる忠興と玉……(゚Д゚ )

も…もももももももももももももももももも、モウェル(*´д`*)ハァハァハァアハァ

忠興が玉に問い掛けて玉が「フフッ」って笑いながら答えたり
「よかった、玉が笑った」←ある意味今日のその時である←
もえのあまり本屋で腰抜かす大惨事になりかけた
早く文庫出ないかなモダモダ



やっサンタに早く会いたい←


| HOME |

Calendar

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

プロフィール

さつき

  • Author:さつき
  • 思うままに書いてる独り言
    99%の妄想と1%のリアル的ノリ
    日記でのハイテンションはデフォです
    只今ナマモノ要素多めでお送りしております

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。